本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 富山 > 法蔵寺

法蔵寺

                           富山県:浦上キリシタン関連史跡

浦上キリシタンの収容所だった


富山市大塚にある浄土真宗の寺院。
富山藩に流配された42名の信徒たちは29カ寺に分囚されたのですが、そのうちの1カ寺です。



法蔵寺


法蔵寺には1871(明治3)年、12歳の深堀マサが一人で預けられました。

18名の僧侶に囲まれ、改心(棄教)しろと迫られても改心せず、「食べたら改心とみなす」と言われて、一週間も食事をしませんでした。

納骨堂から一人分の骨を持って来て、頭の上からかけられたりしても耐えましたが、元気盛りの若い僧侶たちから鉄棒を振るわれて責められ、夜になってついに「改心します」と言ったそうです(浦川和三郎「旅の話」)。

マサが入れられた場所がどこかは分かりませんが、境内は広く、手入れが行き届いています。




法蔵寺

案内板

法蔵寺

境内



 現地への行き方
住所は富山市大塚1410です。



この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》

《本サイト以外のサイト》


                                          NEXT >>