本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 富山 > 合田

合田

                           富山県:浦上キリシタン関連史跡

浦上キリシタンを収容した温泉場


富山藩に来た浦上キリシタンが諸寺に分囚されるまで収容されていた温泉場の跡。
合田の湯は1843(天保14)年に開湯され、昭和50年代に閉鎖されました。



合田交差点


富山藩預けの浦上キリシタンは、合田と経力二つの湯治場に、家族ごとに収容されました。

二つの湯治場の建物を、3畳~6畳に仕切って家族ごとに収容していました。食事は一日に米5合と政府から支給されることになっていましたが、役人が上前をはねるため、そのうちのわずかしか信徒たちの口には入りませんでした。

温泉は閉湯し、信徒たちが入れられていた場所がどこであったか正確な位置は分かりません。写真は地名が確認できるものを撮ってきたものです。




合田

合田

合田

合田



 現地への行き方
住所は富山市合田です。



この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》

《本サイト以外のサイト》


                                          NEXT >>