本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 富山 > 光慶寺

光慶寺

                           富山県:浦上キリシタン関連史跡

浦上キリシタンを収容した寺


富山藩預けとなった浦上キリシタンを収容した寺の一つ。
光慶寺には、西光寺で死亡した深堀キクの兄、善次郎が囚われていました。



光慶寺


善次郎はキクの一家と共に富山に流されて来て、明治3年5月28日、塩の光慶寺に一人で預けられました。預けられた時は35歳で、妹の夫、重次郎とは同い年でした。

キクは明治3年6月20日頃死亡しており、それに先立つ6月1日に、善次郎は転宗(棄教の意思表示)をしています。

棄教しなければ、行動の自由が与えられる道が全く閉ざされていたので、妹を見舞いたい気持ちで転宗した可能性があります。




山門

光慶寺

光慶寺

境内



 現地への行き方
住所は富山市塩810です。



この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》

《本サイト以外のサイト》


                                          NEXT >>