本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 富山 > 楽入寺

楽入寺

                           富山県:浦上キリシタン関連史跡

重次郎が収容されていた寺


深堀重次郎が妻と離され預けられた寺。
富山市教育委員会による浦上キリシタンの解説板が建てられています。



楽入寺


深堀重次郎は伝道士でしたが、排耶書「島原日記」を読んで信仰を揺らいだからと、改心を申し出ました。

これは身重の妻キクを見舞いたい一心で申し出たもので、後に改心戻しを宣言し、信徒として浦上に帰還しました。

しかし重次郎の改心をきっかけに富山藩預けの信徒の改心が相次ぎました。

富山藩の流配所(最初の温泉場2ヶ所、続く29カ寺)のうち、浦上キリシタンに関する解説板が建てられている所は、恐らくここ一か所です。文字はかすれてほとんど読めませんが、歴史に対する真摯な姿勢がうかがえます。




楽入寺

解説板

解説板

解説板

楽入寺

楽入寺

楽入寺

楽入寺



 現地への行き方
住所は富山市婦中町上吉川269です。



この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》

《本サイト以外のサイト》


                                          NEXT >>